STORY

金と賞賛を欲する「挑戦者」と、支配的な欲望を満たす「視聴者」たち。ゲームから抜け出す裏切り者の「密告者」には、制裁が待っていた・・・。

ヴィーことヴィーナス(エマ・ロバーツ)は、スタテン島で看護師の母親(ジュリエット・ルイス)と暮らす高校3年生だ。名門カリフォルニア芸術大学から入学通知を受け取ったものの、自宅から通える大学に奨学金で進学すると信じ込んでいる母親に言い出す勇気を持てないでいた。大学から届いた入学するか辞退するかの最終的な返答を求めるメールを前に悩んでいたヴィーは、Facetimeしてきた親友シドニー(エミリー・ミード)から多人数参加型ゲーム「NERVE/ナーヴ」のことを教えてもらう。
そのゲームとはサイトにアクセスした人がそれぞれ「挑戦者」と「視聴者」のどちらかを選択し、「視聴者」は視聴料金を支払い、「挑戦者」は「視聴者」たちが出す指令に「やる」「やらない」を選択できる。視聴者数をもっとも集めた「挑戦者」2人が最終的に決戦に挑み、大金を手にするというものだった。
地味なヴィーはゲームには無関心だが、大胆なシドニーは「挑戦者」としてネット・セレブになるつもりだ。ヴィーが卒業アルバム用に片思いのJ・Pが活躍するアメフト部の写真を撮影しているとき、チアリーダーのシドニーは〈観客に向かってムーニング(生尻をさらす行為)をする〉ミッションをクリアし、喝采を浴びる。試合後、ダイナーでシドニーからJ・Pに話しかけろとけしかけられて怖じ気づくヴィーは「臆病」とバカにされた上に、シドニーがヴィーの恋心をJ・Pにばらしてしまう。片思いしていたJ・Pから「タイプじゃない」と面と向かって言われてしまうヴィーは、恥ずかしさから店を飛び出してしまう。頭に血が上ったままゲーム「NERVE/ナーヴ」にアクセスしたヴィーは、「挑戦者」を選択。
しかしそれは自動的にネット上にあるヴィー自身の情報をすべてオープンにする危険なアクセスだった…。

NERVE/ナーヴの挑戦者に課せられた3つのルール 1:すべての挑戦は「挑戦者」自身のスマホ映像で生中継する。2:挑戦に失敗もしくは棄権すればそれまでに手にした賞金は没収。3:ゲームの事を警察に通報してはならない。

「NERVE/ナーヴ」の3つのルールを提示されたヴィーに与えられた挑戦は〈ダイナーで知らない男性に5秒間キスすること〉。仲良しのトミー(マイルズ・ハイザー)に撮影を頼んだヴィーは、 彼女の愛読書であるヴァージニア・ウルフの「灯台へ」を読んでいた青年イアン(デイヴ・フランコ)にキスをする。
トミーの待つ席に逃げ帰ったヴィーだが、キスしたイアンが店内でラブソングを歌い出し、彼もまた「挑戦者」であることを知る。1度だけの挑戦で終わりにするはずだったヴィーだが、イアンに課せられた〈ヴィーとコンビを組み15分以内に市内に到着する〉という挑戦に協力し、マンハッタンに。
イアンのバイクを降りたヴィーが家に戻ろうとすると、スマホに新たな挑戦指令が届く。ヴィーとコンビで挑戦する事を強いられたイアンは、ヴィーに頼み込み二人で挑戦をこなしながら人気ランキングを上げていく。それを知ったシドニーは嫉妬の炎を燃やし、「視聴者」に「もっとすごい挑戦を出して」と挑発。
高所恐怖症の彼女に与えられたのは、〈建物の10Fの間に渡したはしごを渡って隣の建物に移動する〉という危険な挑戦で、シドニーは敢え無く失敗してしまう。
そんな中、イアンの提案でシドニーたちのパーティーにやってきたヴィーは、シドニーがJ・Pとベッドインするのを目撃してしまう。大喧嘩した挙げ句、シドニーが失敗した命懸けの挑戦をやってのけるのだった。命懸けの指令をクリアしたものの、ヴィーは過激化していく「NERVE/ナーヴ」を終わらせるべく、近くに駐車していた警察官に「NERVE/ナーヴ」の事を話してしまう。ルールを破り、密告者となったヴィー。すると途端にヴィーと母親の共通口座から貯金全額が消失し、ヴィーは「挑戦者」タイ(コールソン・ベイカー)に殴られて気を失うことに。
一方、ヴィーを心配したトミーはハッカー仲間の助けを借りて、イアンの身元を調べるうちに、彼が「NERVE/ナーヴ」のリピーターと知り…。

pagetop